総量規制の対象はクレジットカードではどうなる?

クレジットカードは総量規制の対象になる?

総量規制の対象は無担保貸付です。消費者金融のキャッシングやカードローンと呼ばれるものが対象になります。
そのため、クレジットカードのショッピング枠は総量規制の対象になりません。しかし、キャッシング枠は無担保貸付なので総量規制の対象になるのです。

では、クレジットカードのリボ払いはどうなのでしょうか?

信販会社にお金を借りて支払をしてもらっているとも考えられます。しかし、クレジットカードのリボ払いは総量規制の対象になっていません。

ただし、割賦販売法と呼ばれる法律で総量規制同様の制限があります。クレジットカードで一括払いとリボ払いで利用可能額が違う理由です。

このことがわかっていると、クレジットカードの利用方法がちょっと変わってくるかもしれません。クレジットカードで利用できるキャッシングの枠での利率は案外高く、自分の利用している消費者金融のカードローンに比べると高利率の場合が多いです。

つまり、クレジットカードでキャッシングを利用するより、消費者金融でのカードローンの方が有利なことが多いのです。これは利用者の利用限度額の差によります。クレジットカードの利用限度額はせいぜい50万円が上限です。

これに対し、消費者金融の利用限度額は信用力があれば100万円単位です。利用限度額が高いほど利率が低くなりますからカードローンの方が有利なことは当然です。

最近は、クレジットカードでも消費者金融同様のカードローンをできることがあります。ただし、利用限度額の上限値は消費者金融のカードローンに比べると見劣りします。

自分の信用力にもよりますが、消費者金融で100万円以上の融資限度額をゲットできるような人であれば、クレジットカードのキャッシング枠をすべて解約して増枠申請をした方がいいかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ